トップ

不動産取引の情報

不動産の権利書について

不動産というと代表的なものは土地です。土地を購入するときに渡されれるのが、権利書ですね。これは、一般の人がそう呼んでいるだけで、正しくは土地の登記を行ったときに発行される土地の登記済証の事を言います。最近では、不動産の登記を申請するときに添付資料として提出することが義務づけられていました。この権利書ですが、オンライン申請が可能となるように近年法改正がありました。現在では、登記が完了すると登記識別情報が通知されるようになりました。登記識別情報は、12桁の英数字でこの番号を知っていることが権利者であるという判断材料になっています。

権利書の今と昔について

土地・建物の不動産を購入すると権利書をもらいます。また、売買するときや担保にするときに権利書を登記所に提出する必要があったのですが、法律改正により提出が不要になりました。どのように変わったかというと、登記が完了すると登記識別情報が通知されることとなります。これは、12桁の英数字で構成されており、この番号を知っていることが権利者としての判断材料になります。その為、登記識別情報を他の人に見せたり、教えたりして他人が知ってしまった場合、悪用される可能性があります。もし、うっかり他人に知られてしまった場合は、登記識別情報を失効される制度がありますので、その場合はお近くの不動産関係に詳しい司法書士に相談してください。